シロアリ駆除で不快なトラブル即解決|駆除の時間削減

勝手に駆除できない害獣

住宅

申請を行ってくれる業者

ハクビシンの特徴は在来種でもなく外来種でもないという点です。在来種なら保護される動物になります。外来種なら特定外来生物と環境省に認められれば誰でも駆除ができるのです。しかしハクビシンの場合は明治の頃に持ち込まれたと思われるのですが、それが明確に確定されていないため法的な駆除対象となっていないのです。そのため畑が荒らされるとか、民家に巣を作るなどの実害がないと有害鳥獣と認められず、駆除ができないのです。そのためハクビシン駆除には自治体の許可が必要になります。勝手に駆除をすると罰せられる恐れがあるのです。もしハクビシン駆除をするなら専門の業者に頼んだ方が無難です。業者なら自治体へ各種申請を行ってからハクビシン駆除をしてくれるからです。

信頼と実績のある業者

ハクビシン駆除を業者に依頼する時は人気のある業者を選ぶようにします。人気がある業者とは、信頼できる業者のことです。ハクビシンは狩猟免状の資格を持っている業者でないと捕獲ができないのです。このような資格を持っている業者なら信頼できます。また事前に訪問調査をしてくれる業者なら信頼できます。そのような業者なら駆除方法の説明をしてくれます。そして見積書をきちんと提出してくれることも大切です。費用の総額が記されている見積書なら、安心して任せられます。信頼と同時に重要なのが駆除の実績です。業者のホームページを見て過去の実績が明記されていれば信頼できます。またアフターケアや保証制度があるかどうかも選ぶ時の基準になります。このような業者なら人気があるので、駆除を依頼しても安心できます。