シロアリ駆除で不快なトラブル即解決|駆除の時間削減

害獣被害は深刻です

ハクビシン

環境改善が必要です

ハクビシンは鼻から額にかけて白い斑紋があり、体長が1m以上になるものもいます。木登りが得意で高所でも難なく移動する事ができます。可愛らしい姿をしているハクビシンですが、野生動物なので人に感染する病気を持っている事があります。見かけた場合は注意が必要です。ハクビシンは民家に侵入してくる事があります。築年数の多い家は外壁や屋根に目に付き難い破損部分が多くあります。わずかな隙間から侵入し、屋根裏で繁殖する事もあります。大量の糞尿により、悪臭を放ち、天井が腐食し始めてから被害に気が付くケースも少なくないです。ハクビシンの被害に遭わない為には環境の改善が必要です。ハクビシンの餌とならない様に生ゴミの収集日の前日からゴミを出さない様にしたり、猫の餌を外に放置しない様にする事が大切です。

業者への相談が必要です

ハクビシン駆除には区や市町村の申請が必要です。申請が許可されるまではむやみに傷つけたり、捕獲する事はできない事になっています。ハクビシン駆除は自分でする事も不可能ではありませんが、不完全な事が多いです。数ヶ月後には再び侵入されてしまうケースも数多くあります。ハクビシン駆除は害獣駆除業者へ相談すれば短期間で確実に結果を出してくれます。申請手続きも代行してくれるので、煩わしい手間も省けます。駆除業者はまず忌避剤等を使用する事でハクビシンを追い出します。家の構造により、追い出しに多くの時間がかかる事があります。しかし優秀な駆除業者なら事前調査をしっかり行っているので、心配無用です。追い出した後は穴を塞いでしまえば再び侵入される心配はないです。ハクビシン駆除を行う業者はそれぞれサービス内容や料金体系に違いがあります。各業者の特徴を理解し、納得のいく内容の時だけ契約する事が必要です。