シロアリ駆除で不快なトラブル即解決|駆除の時間削減

ハクビシンの被害を防ぐ

女性スタッフ

農作物が荒らされる

ハクビシンといえば動物園で目にする機会の多い動物ですが、実はごく普通の山林などでもよく見かけます。そればかりか、近年では害獣の一種にも数えられています。ハクビシンはジャコウネコ科の哺乳類で、主として東日本に棲息しています。また、四国の一部などでも目撃例があります。タヌキとよく見間違えられますが、名前の由来でもある額から鼻にかけての白い筋によって区別がつきます。ハクビシンは雑食性ですが、特に木の実や果物を好むと言われています。ハクビシンの生息域付近では、農家の果樹園が荒らされるという報告がしばしばなされています。そのため最近ではハクビシン駆除業者に依頼してさまざまな対策を講じる農家も増えてきています。

民家が被害に遭うことも

さらに、近ごろは郊外の住宅地などでもハクビシンの目撃例が目立っています。ハクビシンは敏捷性が高いため、民家のフェンスも容易に乗り越えることができます。そして換気口などから屋内に入り込み、天井裏に巣を作ったりします。ハクビシンの棲み処になった天井裏では、糞尿で建材が汚されたり断熱材が引き剥がされたりといった被害が発生するおそれがあります。ハクビシン駆除には石油系のニオイがする忌避剤などが効果的です。害虫駆除用の燻煙剤もある程度効き目があり、手軽なハクビシン駆除方法として人気があります。それでも十分な効果が得られない時は、ハクビシン駆除業者に依頼して捕獲してもらうことになります。専門業者であれば侵入口をふさぐ工事や駆除後の清掃にも対応しています。